Groupe GT4 / FIA GT4

Groupe GT4とは

SRO(ステファン・ラテル・オーガニゼーション)が設立した車両カテゴリ 

GT3に並び、アマチュアドライバー、ジェントルマンドライバーのためのカテゴリとして盛り上がっている。

出場できるレースも多く、世界で非常に盛り上がっている。

車両の種類が非常に豊富で、レースに参戦する車両も多彩で見ていて非常に楽しい。

 GT4は、 GT3よりも改造範囲が狭く、価格を抑えるように制限していて、GT3と比べて購入しやすくなっている。

 車両価格は1000万円~3000万円

 BOPによって各車両の性能が調整されているのはGT3と同じ。

 各メーカーが公式にチューニングしたマシンを承認を受けているケースと、メーカーではないチューニングショップがGT4車両を製作し、承認を受けているケースがある。

 GT3よりもラップタイムにして10秒ほど遅い(スパ・フランコルシャン)

新規参入が難しくなったGT3

GT4が人気になった背景としては、GT3の参入が難しくなったことがあげられる。

 発足当初のGT3は2000万円ほどの車両価格と、GT1やGT2よりも遅い車両で構成されていて、ジェントルマンドライバー中心のプライベートチームが競っているカテゴリだった。

 しかし、開発費が高騰したGT1やGT2からのチーム撤退が相次ぎ、カテゴリが消滅、GT3がトップカテゴリとなってしまった。

 そのため、有力メーカーがワークスチームを編成し、プロドライバーが続々参戦し、メーカーの競争が激化した。

 競争が激化すると当然開発費の高騰を招き、今やGT3の車両価格は3000万円~1億円となっている。

 性能向上も著しく、ダウンフォースも強烈となり、まだレース歴の浅いジェントルマンドライバーが乗りこなすには難しいカテゴリとなっている。

 現在のGT3のスパ・フランコルシャンのラップタイムは、GT2よりも速く、GT1に迫る。(GT1:2分16秒、GT2:2分30秒、GT3:2分25秒)

主なGT4車両

メーカー車両名
AUDIR8 LMS GT4
Aston MartinVantage AMR GT4
BMWM4 GT4
ChevroletCamaro GT4.R
FORDMUSTANG GT4
GINETTAG55
KTMX-Bow
McLaren570S GT4
MercedesAMG GT4
PORSCHE718 CAYMAN CS MR
PORSCHE718 Cayman GT4
PanozEsperante Avezzano
SINR1 GT4
TOYOTAGR Supra GT4
ALPINE A110 GT4

アイキャッチ画像出典:https://www.ktm.com/ja-jp/models/x-bow/ktm-x-bow-gt4.html